大学入試英語の語源 1900語

このページは0101以降は有料となりました。あしからず。

(まだ完全ではないので500円です。1400以降コアの語源がついていないところがあります)

「英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)」収録の英単語の一覧。

6訂版は「大学受験英語の語源2 1900語」。

〘0001⇒ 0100〙
  1. improve
    ⇒「良く(prosum)する(en-)」
    ⇒「改良する、良くする」
  2. relate
    ⇒「戻って(re-)運ぶ(latus)、運んで元の位置に戻す、二点間のつながりを作る」
    ⇒「関連付ける、物語る」
  3. provide
    ⇒「前を(pro-)見る(video)、先を見て必要となるものを用意する」
    ⇒「供給する、準備する」
  4. consider
    ⇒「徹底的に(com-)星(sidus)、徹底的に星を観察する」
    ⇒「よく考える、注意深く見る」
  5. include
    ⇒「中に(in-)閉じる(claudo)」
    ⇒「含める、含有する」
  6. concern
    ⇒「一緒に(com-)ふるいにかける(cerno)、一緒に混ぜる」
    ⇒「関係する、重要である、心配させる」
  7. involve
    ⇒「中に(in-)巻く(volvo)」
    ⇒「含む、巻き込む」
  8. produce
    ⇒「前へ(pro-)導く(duco)」
    ⇒「生産する、生み出す」
  9. allow
    ⇒「ほめて(allaudo)与える(alloco)」
    ⇒「許す、与える」
  10. require
    ⇒「再び(re-)求める(quaero)、繰り返し求める」
    ⇒「必要とする、要求する」
  11. appear
    ⇒「~へ(ad-)見える(pareo)、~へ現れる」
    ⇒「~のように見える、現れる」
  12. tend
    ⇒「伸びる(tendo)、ある方向へ伸びる」
    ⇒「傾向がある、徐々に向かう」11122
  13. agree(同意する)
    ⇒ 「~へ(ad-)喜んで受け入れる(gratus)」
  14. describe(言い表す)
    ⇒ 「~から(de-)書く(scribo)、書き表す、表す」
  15. add(加える)
    ⇒ 「~へ(ad-)与える(do)」
  16. depend(依存する)
    ⇒ 「下に(de-)ぶら下がる(pendo)」
  17. encourage(勇気づける)
    ⇒ 「勇気(courage)させる(en-)」
  18. exist(存在する)
    ⇒ 「外に(ex-)立つ(sisto)、見える場所にある」
  19. reduce(減らす)
    ⇒ 「後ろへ(re-)導く(duco)」
  20. adapt(適応させる)
    ⇒ 「~へ(ad-)合わせる(apo)」
  21. compare(比較する)
    ⇒ 「一緒に(com-)等しい(par)、同等、同等のものを比べる」
  22. increase(増加する)
    ⇒ 「~に(in-)成長する(cresco)、大きくなる」
  23. suggest(提案する)
    ⇒ 「下から上に(sub-)持っていく(gero)」
  24. cost(コスト)
    ⇒ 「一緒に(com-)立つ(sto)、活動と一緒に生じる負担」
  25. share(共有する)
    ⇒ 「切る(skerana)、切り分ける、分け合う」
  26. wonder(驚嘆する)
    ⇒ 「奇跡(wundra)」
  27. argue(論じる)
    ⇒ 「白い(herg-)、明白にする」
  28. realize(現実化する)
    ⇒ 「現実(real)にする(-ize)」
  29. control(制御する)
    ⇒ 「巻物(rotula)に対して(contra)、巻物の写し、役人が他の役人の帳簿の検査のために持っている帳簿の写し」
  30. affect(作用する)
    ⇒ 「~へ(ad-)作る(facio)、作用する」
  31. find(分かる)
    ⇒ 「通り道(pent-)、偶然通り道で出くわす」
  32. notice(通知)
    ⇒ 「知っていること(notitia)、情報、情報を得たり与えたりすること」
  33. avoid(避ける)
    ⇒ 「外へ出して(ex-)空にする(voco)、空振りにさせる」
  34. force(力)
    ⇒ 「強い(fortis)こと(-ia)、強さ」
  35. offer(提供する)
    ⇒ 「~に対して(ob-)運ぶ(fero)」
  36. demand(要求する)
    ⇒ 「完全に(de-)命令する(mando)」
  37. claim(主張する)
    ⇒ 「叫ぶ(clamo)」
  38. deal(分け与える、扱う)
    ⇒ 「部分(dailiz)する(-jana)、分ける、分け与える」
  39. store(蓄える)
    ⇒ 「中に(in-)取り戻す(stauro)、物資の補充、蓄える」
  40. complete(完了する)
    ⇒ 「完全に(com-)満たす(pleo)」
  41. value(価値)
    ⇒ 「価値をもつ(valeo)」
  42. benefit(利益)
    ⇒ 「良い(bene)行い(faire)、良いこと」
  43. opportunity(機会)
    ⇒ 「港(portus)に(ob-)風が来ている(veniens)こと(-itas)」
  44. quality(質)
    ⇒ 「どんなもの(qualis)であること(-itas)、どんなものか」
  45. author(著者)
    ⇒ 「増やす(augeo)人(-tor)、作品を増やす人」
  46. technology(科学技術)
    ⇒ 「技術(tekhne)の知識体系(-logia)」
  47. environment(環境)
    ⇒ 「取り囲む(environ)こと(-ment)」
  48. view(見ること、意見)
    ⇒ 「見ること(venu)、見て感じたこと」
  49. situation(状況)
    ⇒ 「置く(situatus)こと(-ion)、置かれた状況」
  50. effect(効果)
    ⇒ 「外へ(ex-)作った(fectus)、作り出された結果」
  51. influence(影響)
    ⇒ 「中に(in-)流れ込む(fluo)こと(-ence)」
  52. term(専門用語)
    ⇒ 「限定(terminus)、限定されている言葉」
  53. skill(技能)
    ⇒ 「識別(skilja)、訓練によって培われる識別能力」
  54. theory(理論)
    ⇒ 「一見(thea)見る(horao)、現象を見るための見識」
  55. issue(生じる)
    ⇒ 「外へ(ex-)行く(eo)、出てくる」
  56. subject(主題)
    ⇒ 「下に(sub-)置かれた(iectus)、全体の下に置かれた主題」
  57. article(新聞の記事)
    ⇒ 「関節(artus)の一つ(-culus)、体の構成要素、構成要素」
  58. statement(発言)
    ⇒ 「述べる(state)こと(-ment)」
  59. experiment(実験)
    ⇒ 「経験してみる(experior)こと(-ment)、試してみること」
  60. figure(形)
    ⇒ 「形作(fingo)られたもの(-tura)」
  61. evidence(証拠)
    ⇒ 「外に(ex-)見え(video)ていること(-ence)」
  62. industry(勤勉、産業、工業)
    ⇒ 「活発な(industrius)こと(-ia)、活動、経済的な活動」
  63. economy(経済、節約)
    ⇒ 「一家の財産(oikos)を分配する(nemo)こと(-ia)、家計のやりくり」
  64. medicine(薬)
    ⇒ 「医者(medicus)の(-inus)、医者のように治癒するもの」
  65. matter(物質)
    ⇒ 「母(mater)であること(-ia)、物事の源」
  66. material(物質の)
    ⇒ 「物質(materia)の(-alis)」
  67. species(種)
    ⇒ 「種類(species)」
  68. practice(練習)
    ⇒ 「行う(prasso)、実際に行う」
  69. focus(焦点)
    ⇒ 「暖炉(focus)、熱の集まる点」
  70. memory(記憶)
    ⇒ 「覚えている(memor)こと(-ia)」
  71. right(正しさ)
    ⇒ 「真っすぐな(rehtaz)」
  72. accord(一致する)
    ⇒ 「~へ(ad-)心(cor)、心が合う」
  73. thought(考え)
    ⇒ 「考える(teng-)」
  74. interest(興味)
    ⇒ 「間が(inter-)がある(sum)、違いがある、他と違う、興味を覚えること」
  75. account(預金口座)
    ⇒ 「~へ(ad-)数える(computo)」
  76. cause(原因)
    ⇒ 「原因(causa)」
  77. sound(健康な)
    ⇒ 「健康な(sundaz)」
  78. individual(個人の)
    ⇒ 「二つに(dis-)分け(vido)られない(in-)ことの(-alis)」
  79. certain(確信して)
    ⇒ 「確信した(certus)ことの(-anus)」
  80. possible(可能性がある)
    ⇒ 「出来る(possum)可能な(-abilis)」
  81. likely(ありそうな)
    ⇒ 「~のようで(like)~のような(-ly)」
  82. available(利用できる)
    ⇒ 「役立つ(avail)ことができる(-able)、使える」
  83. social(社会的な)
    ⇒ 「仲間(socius)の(-alis)、仲間のいる社会の」
  84. public(公衆の)
    ⇒ 「人々(populus)の(-icus)」
  85. physical(物理学の)
    ⇒ 「自然哲学(phusis)の(-alis)」
  86. scientific(科学的な)
    ⇒ 「科学(scientia)している(-ficus)」
  87. common(一般的な)
    ⇒ 「一緒に(kom)交換する(mey-)、全体で共有している」
  88. general(一般的な)
    ⇒ 「集団(genus)の(-alis)」
  89. particular(特定の)
    ⇒ 「一(-cula)部分(pars)の(-aris)、特定の一部の」
  90. similar(似ている)
    ⇒ 「似ている(similis)ことの(-aris)」
  91. various(様々な)
    ⇒ 「まだら模様の(varius)、多様な」
  92. native(出身の)
    ⇒ 「生まれ(nosco)ている(-ivus)、その土地に生まれている」
  93. patient(我慢強い)
    ⇒ 「耐え(patior)ている(-ens)」
  94. recent(最近の)
    ⇒ 「後ろの(re-)新しい(ken-)、時間的に後ろで新しい」
  95. even(水平な)
    ⇒ 「水平な(ebnaz)」
  96. yet(今のところは)
    ⇒ 「それ(ey)、今はそうなっているがしかし」
  97. rather(むしろ)
    ⇒ 「より(-er)前に(hrathe)」
  98. instead(その代わりに)
    ⇒ 「場所(stadiz)に(in)、その場所に代わって」
  99. simultaneously(同時に)
    ⇒ 「同時(simultaneous)に(-ly)」
  100. each(それぞれ)
    ⇒ 「どの(hwi-)種類(-likaz)でもいつも(aiwo-)一緒に(ga-)、それぞれを同じに扱って」
ーこちらまで無料ですー
◉ 更新
2022年1月19日
snow 意味と語源
2022年1月19日
rust 意味と語源
2022年1月19日
rusty 意味と語源
2022年1月19日
snaiwaz 意味と語源
2022年1月19日
nix 意味と語源
2022年1月19日
sneygwh- 意味と語源
2022年1月19日
rustaz 意味と語源
2022年1月19日
rufus 意味と語源
2022年1月19日
rutilus 意味と語源
2022年1月17日
ruddy 意味と語源
2022年1月17日
robust 意味と語源
2022年1月17日
robus 意味と語源