caedo 意味と語源

【ラテン語】㋣切る、打つ、殺す

語源解説

㋑㋞kaido(切る)→㋑kheyd-(切る)が語源。㋓Caelum(ちょうこくぐ座)と同じ語源をもつ。

◉ 派生語
  • abscise(器官離脱する)
  • caesura(休止)
  • cement(セメント)
  • cestus(拳闘用グローブ)
  • chisel(彫刻刀)
  • circumcise(割礼を施す)
  • concise(簡潔な)
  • concisely(簡潔に)
  • decide(決める)
  • decision(決定)
  • decisive(決定的な)
  • excise(削除する)
  • exercise(運動)
  • feticide(堕胎薬)
  • fratricide(兄弟殺し)
  • genocide(集団虐殺)
  • homicide(殺人行為)
  • incise(彫刻する)
  • incisive(鋭利な)
  • parricide(親殺し)
  • pesticide(殺虫剤)
  • precise(正確な)
  • precisely(正確に)
  • precision(正確)
  • recision(取り消し)
  • regicide(国王殺し)
  • scissor(はさみ)
  • sororicide(姉妹殺し)
  • suicide(自殺)
  • uxoricide(妻殺し)
◉ 更新
2020年2月17日
seclusion 意味と語源
2020年2月17日
inclusion 意味と語源
2020年2月17日
battle 意味と語源
2020年2月16日
confluence 意味と語源
2020年2月16日
conclusive 意味と語源
2020年2月16日
closure 意味と語源
2020年2月15日
conclusion 意味と語源
2020年2月15日
exclusion 意味と語源
2020年2月15日
closet 意味と語源
2020年2月14日
disclosure 意味と語源
2020年2月14日
inclusive 意味と語源
2020年2月14日
seclude 意味と語源
2020年2月13日
enclosure 意味と語源