office 意味と語源

【英語】事務所。執務室。職員。

語源解説

古期フランス語 office(事務所)→officium(職務)→optificum(仕事)→ops(能力)+facio(行う)→hep-(働く)が語源。「仕事を行う場所」がこの単語のコアの意味。operate(営業する)と同じ語源をもつ。

◉ 関連語
  • cooperate(協力する)
  • cooperative(協同の)
  • officer(役員)
  • official(公式の)
  • opera(オペラ)
  • operate(働く)
  • operation(操作)
  • operator(オペレーター)
  • opus(作品)
◉ 更新
2020年1月29日
recuperate 意味と語源
2020年1月29日
viewpoint 意味と語源
2020年1月29日
habitual 意味と語源
2020年1月29日
visibility 意味と語源
2020年1月28日
supervise 意味と語源
2020年1月28日
prudent 意味と語源
2020年1月28日
video 意味と語源
2020年1月28日
bite 意味と語源
2020年1月27日
television 意味と語源
2020年1月27日
reviewer 意味と語源
2020年1月27日
revision 意味と語源
2020年1月27日
vision 意味と語源
2020年1月26日
providence 意味と語源