onomatopoeia 擬音語

【擬音語】物事の音や動作を字句で表現した言葉。

語源解説

英語 sigh(ため息をつく)などの言葉が擬音語から派生している。

◉ 派生語
  • ラテン語 barbarus(外国風の)
  • 古代ギリシャ語 bombos(深くてうつろに響く音)
  • 古期英語 cwesan(絞る)
  • 古ノルド語 dumpa(どさっと落ちる)
  • 中期英語 flappen(羽ばたく)
  • 古期フランス語 jargon(おしゃべり)
  • ゲルマン祖語 klappona(二つのものを打ち合わせる)
  • フランク語 krostjan(押しつぶす)
  • ゲルマン祖語 kuh-(咳をする)
  • ゲルマン祖語 kukkaz(雄鶏)
  • 印欧語根 kweys-(ささやく)
  • ラテン語 lamentum(嘆き悲しむこと)
  • 印欧語根 leu-(鳴らす)
  • 古代ギリシャ語 mamme(お母さん)
  • ラテン語 murmur(ささやき声)
  • ラテン語 muttio(ぼそぼそ言う)
  • bounce(跳ね返る)
  • bump(どんとぶつかる)
  • clash(衝突する)
  • jam(詰め込む)
  • mash(すり潰す)
  • sigh(ため息)
  • slap(平手打ち)
  • smash(粉砕する)
  • thump(叩きつける)
  • tweet(小鳥のさえずり)