scio 意味と語源

【ラテン語】知っている。知る。分かる。

語源解説

印欧語根 skey-(分ける)→sek-(切る)が語源。shed(葉を落とす)と同じ語源をもつ。

◉ 派生語
  • adscititious(外来の)
  • conscience(良心)
  • conscientious(良心的な)
  • conscious(意識のある)
  • consciously(意識的に)
  • consciousness(思想)
  • nescience(不可知論)
  • nice(立派な)
  • nicety(微妙)
  • omuniscient(全知の)
  • plebiscite(国民投票)
  • precience(予知)
  • prescient(予知する)
  • precind(取り除く)
  • science(科学)
  • scientific(科学の)
  • scienctist(科学者)
  • scilicet(言い換えれば)
  • sciolism(知ったかぶり)
  • unconscionable(非良心的な)
  • unconsious(意識不明の)
◉ 更新
2019年10月18日
second 意味と語源
2019年10月18日
second 意味と語源
2019年10月18日
mainly 意味と語源
2019年10月18日
main 意味と語源
2019年10月18日
magina 意味と語源
2019年10月17日
reschedule 意味と語源
2019年10月17日
evaluation 意味と語源
2019年10月17日
schedule 意味と語源
2019年10月17日
skhizo 意味と語源
2019年10月16日
immediately 意味と語源
2019年10月16日
valuable 意味と語源
2019年10月16日
suitable 意味と語源
2019年10月16日
suit 意味と語源