tournament 意味と語源

【英語】[名] トーナメント、中世の騎士の競技会、[発] túərnəmənt〔英辞郎

語源解説

「一騎打ちの馬上やり試合を行う(tornoier)こと(-ment)」がこの単語のコアの語源。

古期フランス語 tornoiement(トーナメント、中世の騎士の競技会)⇒ 古期フランス語 tornoier, tornoiier(回転する ※、トーナメントに参加する、一騎打ちの馬上槍試合を行う)+-ment(こと)⇒ ラテン語 torno(回転する、丸くする)⇒ ラテン語 tortus(ろくろの回転する輪)⇒ 古代ギリシャ語 tornos(回転しているもの)⇒ 印欧祖語 terh-(より合わせる)が語源。

英語 tour(旅行)と同じ語源をもつ。

※ 中世の騎士の競技会では、甲冑(かっちゅう)で身を固めた大勢の騎士たちが二手に分かれて対陣し、一斉に突進し、相手を槍で突き落とし、残った者がさらに対陣して、これを繰り返す、いわゆる勝ち残り戦であった。騎士の攻撃が終わるたびに、一斉に向きを変えるために、「回る」を意味する tornoiier が「馬上槍試合を行う」を意味するようになったと思われる。

◉ 関連語
  • attorn(権限を移す)
  • attorney(法定代理人)
  • contour(等高線)
  • detour(回り道する)
  • return(戻る)
  • returnee(帰還者)
  • tour(小旅行)
  • touring(旅行すること)
  • tourism(旅行)
  • tourist(旅行者)
  • turn(回転する)
  • turncoat(裏切者)
  • turnaround(転換場所)
  • turnout(出席者)
  • turnover(転倒)
  • turnsole(向日性植物)