eu- 意味と語源

【古代ギリシャ語】[接辞] 良い、良く

語源解説

古代ギリシャ語 eu(良く)⇒ 古代ギリシャ語 eus(良い、勇敢な、優れた)⇒ 印欧祖語 hsu-(良い)が語源。


英語 euphoria(強い高揚感)などの派生語がある。

◉ 派生語
  • Eucharist(聖餐式)
  • Eumenides(復讐の女神たち)
  • Euphrates(ユーフラテス川)
  • Euterpe(ミューズ九女神の一人)
  • eucalyptus(ユーカリ)
  • eucaryote(真核生物)
  • eugenic(優生学の)
  • eulogistic(賛美の)
  • eulogy(賛美)
  • euonymus(ニシキギ科ニシキギ属の低木の総称)
  • eupatrid(エウパトリデス)
  • eupeptic(消化良好の)
  • euphemism(婉曲語句)
  • euphony(心地よい音)
  • euphoria(強い高揚感)
  • eupnea(正常呼吸)
  • eutectic(共晶の)
  • euthanasia(安楽死)
  • eutherian(有胎盤類)
  • euxenite(鉱物の一種)