phero 意味と語源

【古代ギリシャ語】[動] 運ぶ、持ち運ぶ、持っていく

語源解説

ギリシャ祖語 phero(運ぶ)⇒ 印欧祖語 bhereti(運ぶ)⇒ 印欧祖語 bher-(運ぶ)が語源。


ラテン語 fero(運ぶ)と同じ語源をもつ。

◉ 派生語
  • amphora(両取っ手付きのツボ)
  • anaphora(照応関係)
  • Christopher(聖クリストフォルス)
  • ctenophore(クシクラゲ類)
  • diaphoresis(発汗)
  • euphoria(強い幸福感)
  • feretory(聖遺物)
  • lophophore(触手冠)
  • metaphor(隠喩)
  • ommatophore(先端に眼のある触覚)
  • opprobrium(悪口)
  • paraphernalia(道具類一式)
  • peripheral(周辺部にある)
  • periphery(周辺)
  • pheromone(フェロモン)
  • phosphate(リン酸塩)
  • phosphor(燐光)
  • phosphorescence(燐光性)
  • phosphorus(リン)
  • semaphore(手旗信号)
  • telpher(テルファー)
  • thyreophoran(草食恐竜の分類群)
  • tocopherol(トコフェロール)
  • trochophore(動物担輪子)