pain の語源と因果応報

pain」は、苦痛を意味する英単語です。

これは、罰を意味するラテン語の「poena」から派生した言葉です。

(「poena」は他にも、罰を意味する「penalty」、罰するを意味する「punish」に派生しています)

苦痛(pain)は、もともとは、罰(poena)を意味する言葉だったのです。

苦痛は、その人の前世や今世での行いが悪いと生まれる、つまり、その人の行いの悪さのせい、という認識だったのでしょうか。

仏教における因果応報や、ヒンドゥー教のカルマのような思想が数百年前の西洋にもあったのかもしれないですね。

◉ 更新
2021年4月27日
intrinsic 意味と語源
2021年4月27日
secus 意味と語源
2021年4月19日
charity 意味と語源
2021年4月19日
carus 意味と語源
2021年4月19日
sanitary 意味と語源
2021年4月19日
sanus 意味と語源
2021年4月14日
demography 意味と語源
2021年4月12日
naive 意味と語源
2021年4月6日
agenda 意味と語源
2021年4月5日
tweet 意味と語源
2021年4月1日
mummy 意味と語源
2021年4月1日
mum 意味と語源